臭ってる!?もしも自分がわきがかもと思ったら


思春期に多い悩みの一つ

ワキガとは、通常の汗が出るルートと違うアポクリン腺をはじめとした汗腺から出る汗が原因となっています。このアポクリン腺は、産まれたばかりのころはほとんど活動していないのですが、思春期ころになると非常に活発に活動を始めることがあります。そんなわけで、思春期の時期になると急に自分の臭いが気になってしょうがなくなったりするのです。ただでさえお年頃といわれる年齢なので、ちょっとしたことでも敏感に反応してしまうというのもありますよ。

ワキガを深刻に受け止める前に

とはいえ、本当に深刻なワキガとなると、アポクリン腺が人よりも多いとか明らかな理由があるものです。アポクリン腺の数は、専門病院に行って調べてもらえばすぐにわかります。でも、ほとんどの場合は丁寧なお手入れを続けることで、その内に自然と臭いも気にならなくなるものです。まずは携帯用のパウダーシートで、出た汗をしっかり処理することから始めましょう。出た汗が皮膚上の細菌と混ざり合うことでも臭いは発生するからです。

それでも尚気になるようなら

お手入れをしっかりしていても長期にわたって臭いが気になる、周囲からも臭いを指摘されることがある、そんな場合は専門病院で診てもらうと良いでしょう。でも、病院の診断でもワキガではないとされることもあるので、この時点でもあまり深刻にならないことが大事ですよ。ストレスになればそれだけでより一層臭いが気になる場合も少なくありません。そして、もしも病院でワキガと診断されたら、アポクリン腺を除去するなどお医者様と相談して最良の選択をしましょう。

わきがは男性特有の症状というイメージがありますが、女性の方も多く悩ませれています。美容クリニックなどでは手術を行う事で症状を消したり、緩和したりする事が出来ます。

サイトはこちら