ここが魅力!たるみを治療するサーマクールの3つの特長


サーマクールは切らずにたるみ治療

サーマクールは、美容整形外科や形成外科などの美容系クリニックで扱う肌のたるみ治療法で、2000年初頭に開発されて以来、世界中で豊富な実績を誇るんですよ。この治療法が登場する以前では、たるみ治療は肌にメスを入れる方法が主流でしたが、サーマクールは高周波であるRF波を肌の上から照射するだけでたるみが改善できる特長がある為、画期的な治療法として世界各地に普及した背景があります。そして、日本国内でも早い段階から導入するクリニックがあり、その為国内でも多くの実績があるんですよ。

サーマクールのメカニズム

サーマクールのメカニズムは、肌の深部にまで届く高周波のRF波をたるんだ肌の上から照射することで、皮下組織を加熱し、その中にあるコラーゲン繊維の変性を促すことで肌を引き締めます。特に治療に用いられるRF波については、フォトフェイシャルなどに使用される赤外線やレーザーよりも波長が長い特徴があり、その為肌のハリに大きく関与する肌深部のコラーゲン繊維を効率的に刺激し、たるんだ肌を即効で収縮させることができる特長があるんですよ。

効果は施術直後と施術後一定期間の2段階で実感

サーマクールの特長はその効果にもあり、実は施術時に得られる引き締め効果だけではなく、施術後一定期間持続して現れる効果との2つがあるんですよ。これは、照射により加熱することで一旦皮下組織にダメージを与えることから、その後肌の修復過程に於いてコラーゲンを生成する作用があります。そして、このコラーゲン生成作用は、個人差等もありますが、施術後3ヶ月程度継続するとされており、自らのコラーゲンで次第に肌にハリと潤いを与えることができる特長もあるんですよ。

サーマクールの施術の仕上がりを重視するうえで、定期的に正しいスキンケアのコツをつかむことが求められます。

お知らせ
サーマクールのキャンペーンはこちら