目元をキレイにしたい!美容整形の種類と方法


挙筋法のメリット・デメリットとは

美容整形というと、目元の整形を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。それだけ、目に関するお悩みをお持ちの方は少なくありません。二重整形のひとつである「挙筋法」についてご紹介します。挙筋法は、埋没法の方法をとり、上まぶたの皮膚から糸を通して結び、二重のラインを作ります。この方法は、自然な仕上がりが特徴なので整形をしたことは周囲の人にバレにくいというメリットがあります。デメリットとしては、糸が取れやすいという点です。

瞼板法はどうやるの?

瞼板法も二重埋没法の方法になりますが、瞼板軟骨という軟骨部分に糸を通して二重ラインを作る方法になります。術後の腫れや痛みが少ないことが特徴で、糸も抜けにくいという点がメリットとして挙げられます。短時間で終わる手術なので患者の身体的負担も少ない方法といえます。デメリットとしては、まぶたの裏に糸を通すため、眼球を傷つけてしまうというリスクが生じます。また、個人差によっては効果をあまり得られないといったこともあります。

部分切開・小切開法とは

部分切開・小切開法とは、メスを使用する二重整形術になります。まぶたの中央を切開して、余分な皮膚や脂肪を取り除くことで二重のラインを形成します。糸を使わない方法なので、埋没法よりも戻りにくくしっかりとした二重のラインになることがメリットです。また、全切開法よりも切開する部分が小さいのでダウンタイムのかかる時間も短いです。デメリットとしては、人によっては腫れや痛みがひどく出てしまうため、ダウンタイムが長引いてしまうリスクが生じる点です。

フォトフェイシャルは、顔のシミやしわを目立たなくするために行われる美顔治療のひとつで、皮膚へのダメージが少ないところが人気です。

フォトフェイシャルの料金を調査