しわはタイプによってケアの仕方が違うんです。


深いしわと浅いしわ。

ある日何気なく鏡を見たら、しわが増えていてビックリ!という経験をした女性、多いんではないでしょうか。慌ててお顔のスキンケアをしても、しわの種類に合ったケアをしていないと無駄になってしまいますよ。しわには、様々な種類のしわがありますが、大きく分けて深いしわと浅いしわがあります。しわが出来る原因は種類によって違っており、その改善の仕方も違っています。自分の改善したいしわが、深いしわなのか浅いしわなのかを見極める必要があります。

深いしわと浅いしわの見分け方。

深いしわと浅いしわの見分け方は、簡単です。浅いしわは皮膚の表面に出来た小じわなので、湿度の高いところに行くと消えてしまいます。反対に、深いしわは、皮膚の奥まで到達してしまったしわのことで真皮しわと呼ばれているものになります。つまり、お風呂あがりに消えているしわが、浅いしわ。消えないしわが深いしわです。浅いしわは、乾燥が原因となっているので、保湿力の高い化粧品を使ってケアをしてあげることで消えます。問題なのは深いしわです。保湿をするだけでは改善が見込めません。

深いしわのケアの仕方。

深いしわは、加齢や紫外線などの影響で皮膚の弾力を保つためのコラーゲンが減少することが原因となっています。そのため、浅いしわのような乾燥対策だけでは消すことができません。深いしわを取るためには、皮膚内部のコラーゲンを増やす対策が必要となります。コラーゲンが豊富に含まれている食材や、サプリメントなどを摂取して補ってあげるのが効果的です。また、肩や首などが凝っていると、血行が悪くなりしわが増える原因になっています。深いしわは、一度出来てしまうとなかなか消えません。深いしわができる前に、軽い運動をしたり、コラーゲンを含む食材を食べることが大切です。

しわは乾燥が原因で起こることが多いので、毎日の保湿ケアがとても大切です。美容液やクリーム選びにも気をつけましょう。